タグ:フィリピン事情 ( 308 ) タグの人気記事

日本の歴史をフィリピンから見る: バギオ・マウンテン州博物館

 

2009年のバギオ100年祭に合わせ、 バギオ・マウンテン州博物館では
今 「バギオのリーダー達(1909-2009年)」が一階で開催中ですが、
同博物館の3階では こんな展示が公開中です。

a0109542_2264931.jpg

「バギオの歴史」写真展です。

バギオに御住まいの方ばかりでなく、フィリピンに滞在されている日本人の方には
是非 見ていただきたい 歴史上の事実。

a0109542_228750.jpg

「山下将軍の降伏」 です。

バギオの歴史を振り返るとき、真珠湾攻撃と同じ日に、フィリピン・バギオのジャン・ヘイに
日本の爆撃機が爆撃を行い、フィリピン戦の最後に 山下将軍が同じジャン・ヘイで
正式に降伏文書に署名したことは あまり知られていません。

アメリカ軍の避暑地として開拓されたバギオ。 夏の首都として開発されたバギオ。
そのバギオの開発の為に ケノン・ロード(ベンゲット道路)建設を皮切りに
日本からの移民が始まった 近代における日比の関係。

そのバギオの歴史を 是非 この写真展でご覧下さい。

2009年 一年間の博物館の予定は このページでご覧下さい。
http://janl.exblog.jp/8132856/

尚、 この博物館の名称が、 「バギオ・マウンテン州博物館」となっているのは、
現在の「マウンテン州」のことではなく、現在コーディリエラと呼ばれている
山岳地帯の6州(ベンゲット、マウンテン、イフガオ、アブラ、カリンガ、アパヤオの各州)
が ひとまとめに「マウンテン州」と呼ばれていたころの名称だとのことです。

その為、入り口となっている2階部分では、これらの6州の伝統的衣装などが
常設されています。
[PR]
by janlbaguio | 2009-04-09 22:23 | History バギオの歴史

フィリピン退職庁 バギオ事務所での更新手続き PRA

 
2009年4月現在の情報です。

PRA(フィリピン退職庁)バギオ事務所で SRRV(特別居住退職者ビザ)の 
I.D.カードの更新手続きを行いましたので、その様子をご報告します。

I.D.カード更新に必要なもの

1. 従来のI.D.カード
2. 更新手続料  
     1年間 10米ドル
     3年間 30米ドル
     (フィリピン・ペソの場合はその日の換算率が適用されます。)

手続きの様子

1. 従来のI.D.カードを担当者に渡します。

2. 更新のための申請書を記入します。
   これはPRAバギオ事務所の担当者が 全て記入してくれました。
   その時に聞かれる内容:
   - 住所
   - 電話番号
   など簡単な内容です。

3. 3年間更新の場合は 「UNDERTAKE」(アンダーテイク/同意書)
   と呼ばれる簡単な書面に署名を求められます。

   同意書の内容は、3年間の更新期間のあいだに もし 銀行に
   預けてある預金を 投資に移したりした場合には、
   3年間のI.D.カードはその時点で無効になり、 その手続料も
   返却されないことに同意するというものです。

   その時には 改めて 1年間のI.D.カードを申請することが
   必要になります。
   

4. 上記の申請書を バギオ事務所からマニラの本部へ
   FAXで送信。

5. 上記の料金の支払い。
   領収書の発行。

6. マニラの本部から 新しいI.D.カードが 送付されてくるのは
   およそ1週間後とのことです。


以上、簡単な手続きで終わりました。

PRAバギオ事務所の場所は こちらのページでご確認下さい。
http://janl.exblog.jp/7770755/

尚、 2009年4月現在の バギオ事務所の担当の方は 次の方です。

MR. ERIC DE AUSEN PATI
(エリック パティ さん)

携帯電話番号: 0928-324-8484(2010年9月2日現在
事務所番号:  074-423-3123
FAX番号:   074-424-1423
Eメール:    baguio@pra.gov.ph

担当者の方は 外出も多いようですので、事前に電話などで
連絡をとってから訪問されることをお薦めします。

この情報は ひとつの例として 御理解下さい。
個別に対応が違う場合があるかもしれません。



 
 
[PR]
by janlbaguio | 2009-04-08 23:25 | 生活便利帳inバギオ

戦前からの バギオ・ボーイ、SMバギオ初 の個展


Keeping Count・・・・・ Homing In・・・・・・ photo exhibition
戦前にバギオで生まれ、当時バギオにあった日本人学校に在学していた頃戦争を体験した 古屋英之助(ルディー古屋)さんが 「SMバギオ初」の個展を開いています。 古屋さんは横浜在住のプロの写真家です。

a0109542_11315643.jpg

会場は SMバギオの地下ギャラリー。 オープニングの式典が 4月4日(土)の午後4時半から行われました。 写真展は6月8日が最終日です。
a0109542_11342269.jpg

戦前の日本人学校の先輩で、古屋さんの親友でもある カルロス寺岡バギオ日本国名誉総領事も参列され、祝辞を述べられました。
バギオの街中のあちこちを歩き回り、この個展の為に3年間を費やしたという古屋さん。 
ふるさとバギオの町の中にひっそりと生きている 「1」から「100」までの番号たちを 撮りつづけました。
a0109542_1141982.jpg

会場には、戦前からの古屋さんの友人、知人、そしてアーティスト仲間など、今回の個展を様々な形で応援した方々が集まり、古屋さんご本人が「夢のようだ」とおっしゃる盛況でした。
北ルソン比日基金の日系人の方々や、JANLの皆様も メンバーでもある古屋さんへのお祝いに駆けつけました。
a0109542_11464681.jpg

「番号」を 1から 100まで 撮影する、というユニークな発想。 そして、カラフルな色と造形のコンポジション。 圧倒的な質感。 バギオの片隅にひっそりと息づいている番号たちが命を得て、古屋さんのふるさとであるバギオの 時の流れを 古屋さんに、そして私達に 語りかけているようです。

a0109542_11524469.jpg

番号「100」。 そして この指差すような写真の 右側には どんな写真があるのでしょう。 それは、是非 会場でお確かめ下さい。


この ルディー古屋 写真展の詳しい御案内は こちらのページに御座います
[PR]
by janlbaguio | 2009-04-05 11:56 | Neighbers ご近所情報

蜘蛛「相撲」 バギオ場所 出現 !! デイリー・インクワイアラー

 
Philippine Daily Inquirer reported the Baguio Children's
Spider "SUMO" Fighting Contest as in the below :
(Please click here for the Official site of Inquirer)

先日 3月28日に 北ルソン日本人会主催、バギオ100年祭委員会共催で開かれた
「バギオ子供蜘蛛相撲大会」の様子が フィリピンの三大新聞のひとつ、フィリピン・デイリー・インクアイアラーの 4月1日付けで掲載されました。

a0109542_2110099.jpg

<写真の下>
DNAを調べる為に日本に持ち帰るという蜘蛛を調べる せきね みきお氏。 学会では、日本のスパイダーマンとされている 

 
a0109542_21111574.jpg

蜘蛛「相撲」バギオに登場

エルマー クリスチャン ダウイゴイ
インクアイアラー 北ルソン

バギオ市 - この町では、蜘蛛がフィリピンと日本の間の文化のギャップを埋めることが出来る。
バギオの住民とのつながりを強くするために、北ルソン日本人会(JANL)は、バギオの100年祭を祝って、蜘蛛の「相撲大会」を土曜日に初めて開催しました。
22名の子供達が、ここロアカン地区に集まり、大切な蜘蛛の力士たちを放ちました。

初めての蜘蛛相撲大会   
JANL代表の小国秀宣氏は、住民、特に「フィリピンで初めての公式な蜘蛛相撲大会」と彼が呼ぶ大会を支援してくれた子供達に、感謝を表明しました。
   2月以降、小国氏と日本人コミュニティーは、9月に行われるバギオ100年祭に向けて準備を進めて来ました。 彼らは、フィリピンと日本の男の子達の共通の遊びであるゲームを盛んにしようと、蜘蛛相撲トーナメントを考えました。 
   小国氏は「100年祭をお祝いするのに、これは実にユニークで素晴らしいイベントだ。」と述べています。
   また、この蜘蛛相撲大会は、日本の科学者達の国際的な研究の一環でもあるのです。
   日本蜘蛛学会は、蜘蛛相撲を観察するために、蜘蛛の専門家である関根幹夫氏をフィリピンに派遣しました。 関根氏を子供達に紹介するにあたり、「関根さんは君達から蜘蛛のことを学ぶために来たんですよ。 どうぞ、君達の蜘蛛のことを、関根さんに教えて上げて下さい。」と話しました。
   関根氏は、科学のコミュニティーの中では、日本のスパイダーマンとして知られています。  彼は大阪の高校で生物学を教えていますが、蜘蛛の研究で東南アジアに関心があるのです。 

400年の歴史   
昨年以来、関根氏は日本以外の大学で蜘蛛相撲の調査をして来ましたが、あまり期待した結果は得られませんでした。 
   「私の調査によれば、蜘蛛相撲をやっているのは日本とフィリピンだけなのです。」関根氏は通訳を介して語りました。
   関根氏は、蜘蛛合戦、日本流に言えば蜘蛛相撲は、四万十市において400年以上前に始められたものだと述べました。


<<後日の調査結果>>
2009年4月7日付けの関根氏のメールによりますと、
東京大学大学院で分析の結果 バギオの蜘蛛相撲大会に参加した 蜘蛛の種類は 
コゲチャオニグモ」 と 「アカアシオニグモ」 と同定されました.
http://mushinavi.com/navi-insect/data-kumo_oni_kogecha.htm




a0109542_21123636.jpg

[PR]
by janlbaguio | 2009-04-01 21:14 | Activity 活動内容

バギオ子供蜘蛛相撲大会 開催 Spider Fighting in Baguio

3月28日(土)の午後、バギオ100年祭協賛イベントのひとつとして、
「バギオ子供蜘蛛相撲大会」が開催されました。
Baguio Children's Spider Fighting Contest was held on March 28, 2009,
to celebrate Baguio Centennial.
a0109542_2105710.jpg

子供達がそれぞれ3匹ずつマッチ箱に入れて参加したのは 「鬼蜘蛛」と呼ばれる種類。

a0109542_2121147.jpg

22 children joined the contest.
参加した22名の子供達は、オープニングに国歌を斉唱します。

a0109542_2141757.jpg

Mr. Mikio Sekine , a member of Arachnological Society of Japan, visited
Baguio to study about the Filipino Spider Fighting.
日本の奈良県から遠路はるばる この蜘蛛相撲の為に バギオを訪問された 日本蜘蛛学会会員の せきね みきお氏が、子供達に「クモの絵描き歌」を披露されました。

a0109542_218131.jpg

The judge is a teacher from elementary school.
レフリーはバギオの小学校の先生。 本選トーナメントの前に、予選が開かれました。
a0109542_222242.jpg

熱戦に 子供達は 笑ったり・・・・・
a0109542_2234677.jpg

ハラハラ 心配したり・・・
a0109542_229440.jpg

「ああああああ・・」という顔も。
a0109542_232333.jpg

Atty EB Tenefrancia , Commissionar of Culture & Art - Baguio
Centennial Commission joined and made a speach.
この北ルソン日本人会が開催したイベントには、バギオ100年祭委員会からも支援があり、文化・芸術部門のコミッショナーである テネフランシア弁護士にも スピーチをいただきました。

a0109542_2341983.jpg

The Preliminary contest lasted from 2pm to 4pm, and the
Championship tournament was held for 1 hour.
午後2時から始まった予選は4時まで続き、4時からいよいよ本選のトーナメントが戦われました。
a0109542_237528.jpg

Kurt obtained the 1st prize, awarded by Mr. Mikio Sekine(left) and by
Joseph, one of the Filipino directors of Japanese Association in Northern
Luzon.
そして、優勝賞金500ペソと金メダル、 せきね氏からの副賞を獲得したのは 
この KURT君。 せきね みきお氏 と JANLのフィリピン人役員の一人であるジョセフから 表彰されました。
a0109542_241568.jpg

All participants and volunteers and JANL members who supported the
exciting event of Spider Sumo Fighting contest.
表彰状とメダルを誇らしげに掲げ、みんなで記念写真。
自然の中で逞しく育つフィリピンの子供達との楽しい時間は5時にお開きとなりました。

ご協力いただきました せきね みきお様、バギオ100年祭委員会、JANLメンバーの皆様、ボランティアの皆様、 そして何より、参加してくれた 子供達に心より感謝を致します。

尚、下記は せきね みきお氏のスピーチを翻訳したものです。
日本での保存会としての蜘蛛相撲大会の実際を踏まえ、伝統行事と 子供の遊びの場としての自然環境を守ることの大切さを話していただきました。

The below is a speach by Mr. Mikio Sekine :

 Congratulations to the Baguio Centennial, 100 years anniversary.
I think that there have been a lot of hardships in the past 100 years.
Among them, the World War II that was caused by barbarous Japanese
militarism brought numerous miserable deeds.
I personally would like to apologize to Filipino people for the troubles
that were caused by the Japanese militarism at that time.

Another hardship was the great earthquake in 1990. I would like to
pray for the victims of the earthquake.
Although Baguio experienced those difficulties, people in Baguio city
have overcome those hardships and now the peaceful and beautiful
city has been reconstructed. Please let me join you to cerebrate
the centennial.

(It is my pleasure to attend this spider fighting contest this time.)
in Japan, many years ago, Japanese children enjoyed Spider Sumo
fighting.
However, destruction of nature took it away from Japanese children.
Adults in Japan are now trying to succeed the tradition of Spider
Sumo and preserving it as an intangible cultural heritage.
The most famous Spider Sumo in Japan is the one in Kajiki town,
Kagoshima prefecture.

Recently, I learned that in the Philippines, many children are enjoying
Spider Sumo even now. That’s why I decided to visit here in Baguio,
to study about it that is very similar play in Japan. Maybe, it came
from Luzon to Japan, or, Japan to Luzon, a long long time ago.

I think that Spider Sumo is a very wonderful culture of us who love
nature and coexist with nature. And, I believe that it is one of
children’s plays that symbolize rich nature in the Philippines and
robust Filipino children who are playing in the nature.

I would like to express my gratitude to the members of Japanese
Association in Northern Luzon for their efforts to have this Spider
Fighting Contest to celebrate Baguio Centennial.
And, specially, I want to say Thank you very much to Ken Taguchi.
Also, thank you very much to all participants today.

I am very happy today to see that the relation between Japan
and Philippines becomes more close and friendly through the Spider
Sumo.

Thank you very much.

Written by Mr. Mikio Sekine
Translated by JANL

March 28, 2009
[PR]
by janlbaguio | 2009-03-29 02:25 | Activity 活動内容

バギオ子供クモ相撲大会 Children’ Spider Fighting Contest


Baguio Children’ Spider Fighting Contest
a0109542_23592423.jpg


Date : March 28, 2009(Saturday)
Time : 1pm - 5pm
Venue : Play ground at Alpha Ville over Woodlane, Loakan , Baguio city
Inquiry/Entry :
    Please call 074 424 0288 (Enolah/Donna)
Entry : max 3 spiders / participant
Entry by: entry must be done by March 25, 2009(Wednesday)
Entry Fee: FREE

Participants : Must under 17 years old
     Elementary or High School students or equivalent age.

Prizes : First = 500 pesos
Second = 200 pesos
Third = 100 pesos
4, 5, 6, 7th = 50 pesos each

Sponsored by : Japanese Association in Northern Luzon, Inc.
      Mr. Mikio Sekine, a member of Arachnological Society of Japan
Supported by: Baguio Centennial Commission

a0109542_003386.jpg



How to get the venue :
1. Take Loakan Road to the direction to Texas Instruments.
2. A little before you get Texas Instruments, and before the curve to the
    left, you will find a Waiting Shed in your right under an Arch of PEZA
   Also, you may know the place as U.S. Cemetery used to be there.
3. From the Waiting Shed, please turn to Right to Woodlane, looking the
    former U.S. cemetery in your right.
4. Please turn to Left at the Second Corner of the road, and go straight to Woodlane.
5. From the Woodlane Townhouse, please go further straight down.
6. After Woodlane town house, please turn to right, and then left, and left again at Each corner, and then you will find a house with Blue Roof,
   and with small  playground in front of it.
7. if you cannot find the venue, please call the below mentioned
   telephone number.

For more inquiry : 074-442-1928 Josef
              0916-439-4141 Anne
[PR]
by janlbaguio | 2009-03-11 00:01 | Activity 活動内容

日比国際平和演劇祭の企画が 新聞でも紹介されました

 
 
北ルソン日本人会(JANL)が 日本の演劇関係者と フィリピンの山岳民族演劇関係者、
北ルソンの日系人団体 及び 一般市民の協力で 2009年9月3日に バギオ市での開催を企画している 「日比国際平和演劇祭」について、 「まにら新聞」に寄稿された記事の中で 紹介されました。
a0109542_18571238.jpg


この記事は、バギオで開催されている「アジア漫画展」に列席された 国際交流基金の鈴木所長によるものです。

a0109542_22585581.jpg

今現在は、日本側・フィリピン側双方で結成された、 日比国際平和演劇祭実行委員会
(JAPITAC)によって、その準備が進められており、山岳民族の音楽や踊りを含めた ミュージカル風の演劇の台本製作が 進められています。

予定では、4月と8月に 日比共同で 歴史を共有するためのワークショップや 台本の検討、一般市民からの役者のオーディション、練習などを バギオで進めていくことになっています。

JAPITACでは、この平和演劇祭を成功させる為に、ご支援をいただける団体、個人を募集中です。  日比両国の相互理解と歴史をふまえた文化交流、人的交流に是非ともご支援をお願い申し上げます。
JAPITAC、北ルソン日本人会の連絡先はこちらです。
Eメール : janl-baguio@mbe.nifty.com

JAPITACの詳しい内容は こちらで ご参照下さい。


(注) 上記の新聞記事転載は、「まにら新聞」様のご了解をいただいております。








 
[PR]
by janlbaguio | 2009-02-09 23:07 | JAPITAC 日比平和演劇祭

Baguio Cathedral International Music Festival 2008

Baguio Cathedral International Music Festival 2008
第一回 バギオ大聖堂 国際音楽祭 2008

a0109542_1111659.jpg

指揮: Jerome Hoberman
演奏: サント・トーマス大学 管弦楽団

a0109542_1121085.jpg

楽曲は:  へンデル作曲 メサイア
この曲の詳細は こちらのサイトに詳しく紹介されています。
 ICU 国際基督教大学OBの方のサイトです。)

a0109542_1132242.jpg

ソプラノ:  Karina Kay Balajadia - Liggayu
メゾ・ソプラノ: Nenen Espina
テノール:  Ronan Ferrer
バス:  Noel Azcona

a0109542_1142295.jpg

コーラス:
メリノール サンクチュアリー合唱団
バギオ大学音声聖歌隊
バギオ大学ベルカント・シンガーズ
セントルイス大学グリー・クラブ
総勢120名ほどの大合唱団

a0109542_11536.jpg

最後の「ハレルヤ」が終わると 素晴らしい演奏と合唱に 観客は総立ちで喝采が続きます。
そして、アンコールはもちろん この「ハレルヤ」。

今年2008年が第一回の音楽祭で、来年以降も恒例のイベントにしたいとの話だそうです。
バギオで 年末に「第九」 が聴けるようになる日は・・・・?

本日のコンサートの詳細はこれです:
a0109542_12135989.jpg

午後7時半ころに始まり、9時ごろには終了しました。


(ちなみに、上の写真は 本番前のリハーサルの時と、最後のスタンディング・オベーション以降に撮影したものです。)






 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-12-07 01:17 | Neighbers ご近所情報

「ソルヴェイグの歌」 只今連載中!!


「ソルヴェイグの歌」 只今連載中

素人作家の短編小説 「ソルヴェイグの歌」は こちらです。


ヌエバ・ビスカヤ州バヨンボンであったという戦争中の話を元に JANLメンバーのお一人 
佐世たもつ さんが短編小説を連載中。

どういういきさつかと言いますと:

「先日、我が下宿に アメリカで35年間も生活したIT技術者であるフィリピン人の老紳士が一泊だけ滞在されました。 日本軍がフィリピンを占領していた時代に2~3歳だったそうです。

日本語を教えている日本人が下宿しているよと大家さんから 聞いたその紳士は、私に興味を持って 一杯やろうということになり、夜遅くまで話を伺いました。

その時に彼が話してくれた戦争中の話に私は感動し、 彼がその時にパソコンに入れていた「ソルヴェイグの歌」という曲を聴いて さらに印象を深めました。

その時の彼の話を元に 想像を膨らませ、尾ひれを付けて物語を連載しております。」

と言う事です。
さらに、この短編小説には来年への夢も重ねているようです。

「たまたま、今、来年のバギオ市制100周年記念事業をいうのをいろいろ企画中でして、 その企画のひとつとして、バギオの元米軍保養地キャンプ・ジョン・ヘイで山下大将が降伏文書に署名した「山下降伏記念日」というバギオ市の9月3日の記念日に、日本とフィリピンの平和記念事業として 「平和記念演劇祭」 というのをやれないものかと 関係者と頭をひねっているところです。

その演劇祭の火付け役である フィリピン人演劇作家・演出家・監督の方に 上述の戦争中のエピソードをお話しましたところ、 それは素晴らしい、戦前の日本人たちがフィリピンへ移住し、ケノン・ロード(ベンゲット道)建設に命をかけ、 バギオの建設に関わってきた物語と一緒に そのエピソードも入れてみましょう、などと話が盛り上がってきています。

なんとか、この平和記念演劇祭を実現したい、成功させたい、と日本人の演出家の方などとも相談し、演劇祭への助成金などを出してくれる機関などを探すべく奮闘しているところです。 (もし 芸術文化への助成をされている機関などをご存知の方がいらっしゃいましたら ご紹介下さい。)

なお、この演劇の仮タイトルは
「ケノン・ロード建設-世界平和と調和への道」  
と言うもので、およそ100年前に 本格的な日本人移民第一陣とも言うべき 「ベンゲット移民」が ケノン・ロード(旧名ベンゲット道路)の建設に携わった内容になっています。 バギオ100年祭は ただ単にバギオ市の歴史ではなく、 日比交流史と密接不可分な関係がある ものだと考えております。
(下のフィリピン日本人商工会議所のサイトより)
http://www.jccipi.com.ph/2-9.pdf#search='日比交流史'


フィリピン人劇作家の方の構想としては、フィリピン人、アメリカ人そして日本人の俳優に協力してもらい、国際的な演劇にしたいそうです。」

とのお話です。

来年実現出来るかどうかまだ分かりませんが、その演劇の雰囲気の一端となるかもしれない短編小説を まずはお楽しみ下さい。
[PR]
by janlbaguio | 2008-10-09 18:53 | 会員 エッセイ・コーナー

フィリピン退職庁 バギオ事務所 開設 


PRA(フィリピン退職庁)バギオ事務所は 移転しました。
移転情報はこちらで:
http://janl.exblog.jp/7770755/

<以下は古い情報です。>

バギオにも PRA フィリピン退職庁の事務所が開設されました。
a0109542_23323371.jpg

このバギオ事務所で 退職者ビザの申請、毎年のIDの更新、銀行関係の手続きなど、基本的には すべてバギオで出来るようになったとの話でした。
a0109542_23351120.jpg

仮事務所の開設場所は 「バギオ・ベンゲット商工会議所」の建物の中です。
2008年中には 本事務所が JOHN HAY の中に出来るとのことです
a0109542_23372335.jpg

商工会議所の建物は これです。
ガバナー・パック・ロードの観光局とバギオ・マウンテン州博物館の間にあります。
a0109542_23404351.jpg

パンフレットなども一部日本語版が作成されています。
a0109542_23414583.jpg

バギオ事務所の担当官は この若い男性です。
a0109542_2342437.jpg

担当官の名刺です。
名前は エリック パティ さん です。

ちなみに、バギオのPRAメンバーは 韓国人が200名ほど、日本人は おそらく数名だとの話でした。

新規に退職者ビザをお考えの方も、是非 エリックさんにご相談下さいとのことでした。
又、今後は 退職者ビザに興味をお持ちの方や既にメンバーになっている日本人の方々との交流を持ちたいとのご希望でした。

尚、マニラ本部以外のこのような地方事務所は、セブ、ダバオ、クラークにも今年になってから順次開設されたそうです。
[PR]
by janlbaguio | 2008-09-26 23:48 | 生活便利帳inバギオ